読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デュエマ歴史資料館(仮)

デュエマ大好きな平凡学生によるデュエマ歴史解説ブログです

2 水を得た魚

魔理沙『よし、次は第二弾を見ていくぞ』

霊夢『バッチコイ』

魔理沙『2002年7月25日に第二弾である《進化獣降臨》が発売された。この弾にも今現在も使われてるカードが収録されているが毎回紹介していたらキリがないから割愛させてもらうぜ。ひとつあげるなら全然再録されない(マナクライシス)はこの弾が初登場だ。ところで霊夢?進化クリーチャーは召喚酔いがなくなることは知ってるな?

霊夢『知ってるよ。一応ルールは一通り覚えたからね』

魔理沙『なら話しが早い。あと前にブロッカーが強いことを説明したのも覚えてるな?』

霊夢『えぇ。でも前は水文明のせいでただの置物と化していたわね。まさかブロッカー強化が…』

魔理沙『ざぁんねぇんでぇしたぁぁ(^q^)』f:id:ut_tmy_0108285:20160612142908j:image

f:id:ut_tmy_0108285:20160612144308j:image

 

霊夢『えぇ…ってかまた水文明か‼︎強すぎない⁉︎』

魔理沙『あぁ。これにより当時はブロッカーなんてあるようでないようなもんだったな。パラディンは効果、イラストどちらにもめぐまれた優秀な切り札だったんだぜ。ランサーはUCといわゆることもあり入手もしやすかった。さらにこいつらの進化元として1弾に出た(アクアハルカス)と(アクアガード)の株も上がったぜ』

霊夢『もうこれ他の文明の立場どんどんなくなるな』

魔理沙『まぁなw。でもブロッカーだけがデュエマの防御手段じゃないぞ?(デーモンハンド)や(ホーリースパーク).(ナチュラルトラップ)を大量に入れたいわゆるカウンター型も存在感した。リキビデッキミラーになった場合、このカウンター型が強かったらしい』

霊夢『まぁここまで水文明環境になったら流石に公式が対策して水文明も弱くな…』

魔理沙『それはどうかな?』

霊夢『え?』

次回『航海への支度』