読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デュエマ歴史資料館(仮)

デュエマ大好きな平凡学生によるデュエマ歴史解説ブログです

18 不死鳥編突入

魔理沙『2006年6月24日発売に《不死鳥編》が発売されるんだぜ。そしてこの弾であの問題カードが登場するぜ。』

霊夢『今度はどんな馬鹿がでてくるの?ボルバルもサファイアも見てきたからもう耐性がついてきちゃったからそんなそこらのカードじゃおどろかないわよ。』

魔理沙『今回紹介するやつは使い方によってはこいつらをはるかに凌駕する能力だぜ。それがこれだ!』

f:id:ut_tmy_0108285:20160808162736j:image

霊夢『墓地からクリーチャーを出す?なによそんな大したことないじゃない。』

魔理沙『あまいな。』

霊夢『え?』

魔理沙『こいつは「なんでも」だせる、そしてこいつが使える5マナまでにこいつで出したいクリーチャーを仕込めば本来でてくるまでにかかるタイムラグを大幅に短縮することも可能だ。』

霊夢『で、でもそんな早期に墓地に指定のクリーチャーを落とせるカードなんて…』

 f:id:ut_tmy_0108285:20160808162751j:image

 f:id:ut_tmy_0108285:20160808162808j:image

霊夢『(^q^)』

魔理沙『こいつらで早期にサファイアを墓地に落とし最速4t目にサファイアを出す、この流れを安定させた 茄子サファイア が環境を支配するぜ。大会では出されたサファイアを除去できない場合負けが確定する。しかも墓地以外に除去らねばまたゲートから出されてしまうため対処が非常に難しかったんだぜ。』

霊夢『もうこれ早く出したほうが勝ちなんだから実質ジャンケンゲーじゃない…』

魔理沙『いちおう赤単速攻やパシフィック青単みたいな速攻デッキでならゲートサファイアをされる前に勝負を決められるから勝てないわけではないがやっぱり強さは段違いだったんだぜ。』

霊夢『まさに鬼に金棒ね。』

魔理沙『この 茄子サファイア が環境を牛耳る中大規模大会 サマーギャラクシーリーグ に突入するぜ。』

次回『早すぎた埋葬』