読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デュエマ歴史資料館(仮)

デュエマ大好きな平凡学生によるデュエマ歴史解説ブログです

番外編 今後の活動について

f:id:ut_tmy_0108285:20161227173040p:image

皆さんおはこんばんわ、うp主です。今回の話の内容は このブログの趣旨 についてです。先日Twitterにてこのような意見をいただきました。

f:id:ut_tmy_0108285:20161227164610j:image

最初に読者様に満足いただけない内容を書いては公開していたことをいうことを謝罪させてもらいます、大変申し訳ありません。

そしてまず最初に説明しなければならないのは今回のご指摘を受けた「なぜ東方キャラでやる必要があるのか?」についてです。このブログは当初ニコニコ動画などに投稿しようとしていたものでした。しかし今の自分の環境的に動画化するのは不可能と判断。そんな時に簡単に、お手軽に掲載できる ブログ の存在に目が行き、さらにその頃にdm_blogというタグも誕生していたことから現在のような形でやっていこうと決めました。そして最初に 元々は動画として作ろうとした ということが今回の問題の答えになっていきます。このような考えにいったったきっかけになったのがこちらの動画です

誤植バトラーによるバトスピの歴史解説 Part10 覇王編① (12:45) #sm28894770 http://nico.ms/sm28894770

こちらの動画を拝見して(自分もこんなふうにデュエマの歴史を解説したいなぁ…)と思いました。そしてこの動画内でも解説を担当していたのが東方のキャラクターでした。自分もこのブログをするにあたってただ長々と文章を並べるだけではつまらないと感じました。それなら誰かデュエマ経験者Aがデュエマに興味をもった未経験者Bに、デュエマの歴史を教えていくという形にしようと考えました。その次に考えたのが登場人物をどうするかという問題です。オリキャラに解説させるのもいいのですがやはり読んでもらうにあたって読者様に共感してもらえるようなキャラがいいと思いました。そうして真っ先に思いついたのが東方のキャラクターでした。先程紹介させてもらった動画だけでなく、現在ニコニコ動画に投稿されている 架空デュエマ にでてくるキャラクターの過半数が東方のキャラクターです。自分も東方は好きですし、読者の方にも共感してもらえるのではないかと思いついたのです。これが東方のキャラクターを使用した答えです。

しかし今回のようなご意見の本当の意味はそこではないと自分なりに解釈しています。それは 読者代弁役である霊夢 を活かしきれてないことにあります。初回から読んでいただいてる方はわかっているかもしれませんが回を増す事に2人(魔理沙霊夢)のやり取りが雑になってきています。正直ここまでくると長々と文章を書いているのと変わりません。

なので結論として答えになっているかはわかりませんがこれからはもう少し構成を練ってから上げようと心がけていきたいと思います。今回のことで初心にもどることができました。これからも読者様に満足いただけるようなものができるよう精進していく所存です。長くなってしまいましたがここまで読んでいただきありがとうございました!