読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デュエマ歴史資料館(仮)

デュエマ大好きな平凡学生によるデュエマ歴史解説ブログです

36 終焉

魔理沙「2011年3月19日に覚醒編最終章、さらには切札勝舞最終章となる第4弾《覚醒爆発》が発売された。」

 f:id:ut_tmy_0108285:20170305174833j:image

霊夢「ついに主人公も交代となっていよいよおおずめってところね。今回の注目カードは?」

 f:id:ut_tmy_0108285:20170305174844j:imagef:id:ut_tmy_0108285:20170305174846j:image

魔理沙「まずは 時空の支配者ディアボロスZ だ。クリーチャー能力に選ばれないため除去されにくく覚醒条件もめちゃくちゃ緩いため 超次元コントロール の切札として多く採用されたんだぜ。」

霊夢「唯一呪文に除去される可能性があるけど 超次元バイスホール と組み合わせれば相手の除去札を落とせるから安定して覚醒が目指せるわね。」

 f:id:ut_tmy_0108285:20170305174907j:imagef:id:ut_tmy_0108285:20170305174912j:image

魔理沙「2枚目は 超時空ストームGXXだ。こいつはなんとサイキッククリーチャー初の進化クリーチャーで、場のサイキッククリーチャーの合計が20を超えた時に出すことができ、ターンのはじめにメテオバーンで覚醒するぞ。」

霊夢「攻撃時コスト10以下のサイキッククリーチャー踏み倒しなんてもうめちゃくちゃね。でもコストが合計20なんてそうそういない…って、さっき紹介したディアボロスの覚醒後っつコスト20じゃない?」

魔理沙「そうなんだ。こいつらはストーリー的には敵対関係なんだが、現実ではすごく仲良しでな。基本的にディアボロスが入るデッキにはこいつも一緒にはいるぜ。」

霊夢「まあ相性いいし仕方ないか」

 f:id:ut_tmy_0108285:20170305174926j:imagef:id:ut_tmy_0108285:20170305174948j:image

魔理沙「3枚目は 時空の凶兵ブラックガンヴィート だ。タップしている相手を除去できる優秀なクリーチャーで、覚醒条件で相手に常にプレッシャーを与え続けられたぜ。」

霊夢「超次元ミカドホール と組み合わせればいい仕事をしそうね。」

 f:id:ut_tmy_0108285:20170305174955j:image

魔理沙「最後は 超次元ガードホール だ。エターナルガードの能力を秘めた超次元呪文で、除去と展開を同時にこなせるカードだ。」

霊夢「さっき紹介したディアボロスやガンヴィートを出せるのがいいわね。」

 

魔理沙「そんな中で全国大会では1位、2位どちらも 超次元コントロール が入賞を果たす結果となり、この1年で超次元システムが環境に与えた結果が出た感じになった。」

霊夢「レギュラーではデアリMロマと黒緑速攻が入賞してるけど、やっぱり超次元が与えた影響は大きいみたいね。」

 

魔理沙「そしてこの全国大会の結果を受けて以下のカードが殿堂入りとなったぜ。」

 f:id:ut_tmy_0108285:20170305175355j:imagef:id:ut_tmy_0108285:20170305175357j:imagef:id:ut_tmy_0108285:20170305175401j:imagef:id:ut_tmy_0108285:20170305175404j:imagef:id:ut_tmy_0108285:20170305175407j:imagef:id:ut_tmy_0108285:20170305175409j:image

霊夢「完全に超次元コントロールを狙った調整ね。あとナスオが殿堂したことで黒緑速攻も弱体化したわね。」

魔理沙「さらに 時空の支配者ディアボロスZ と 超次元バイスホール がプレミアム超次元殿堂となり 超次元コントロール はさらなる弱体化を余儀なくされたんだぜ。」

 

今回はここまで

次回「新時代到来」