読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デュエマ歴史資料館(仮)

デュエマ大好きな平凡学生によるデュエマ歴史解説ブログです

番外編 デュエルマスターズGP4thレポ

4月16日に東京池袋にて開催されたデュエルマスターズGP4thに参加してきたのでそちらのレポートをさせてもらいます

f:id:ut_tmy_0108285:20170417213856j:image

使用デッキは緑単猿ループ(ジョリー型)です。

 

1.デッキ解説

まず猿ループを選んだ理由としては当日間違いなく多いのはモルネクだと考えました。その次に多いデッキとしてモルネクに勝てる受けの強いデッキ(ドロマーロージアやカウンターよりのデッキ)が多くいると思いました。内容としては2000にのうち400~500がモルネク、1300~1400が対モルネクデッキ、残りはその他だと思いました。そして予選は8回戦もありその中でモルネクとは2回ほどしからあたらないだろうと思い、対モルネクデッキ群に勝てる猿ループをチョイスしました。

ジョリーをフィニッシュに選んだ理由としては制限時間や当日の精神状態から考えフィニッシュ方法が単純なほうがミスもなくなるだろうと考えたためです。

 

2.成績

成績を載せますが印象に残った試合だけを細かく描きたいと思います

・1試合目 ドロマープチョヘンザ

こちら先行。初手が ステップル2枚ジャックジャーベルゴエモンキーという最速の動きができる札で少し安心。1t目にジャックを出し、2t目にステップルステップルで盤面を増やしながらマナを加速。相手さんは動きなし。3t目にマリニャンからのエウルブッカを置きターンエンド。返しにブレインタッチを打たれハンドのジャーベルを落とされハンドが0に。4t目エウルブッカを龍解させドロー。カブラカターブラを引きここで引く。次の相手のマナは4、次のターンはまだ超次元呪文が打てず、カーネルは入っていないと考えたのでマナを3マナタップしジャックを効果でアンタップ。そこからカブラを召喚せずにジャスキルを狙いに。3枚目をブレイクしたところでトリガーでテック団を引かれレジル以外をハンドに戻される。さらにレジルでのブレイクでジャッジを引き場が'0に。返しのターン相手に動きなし。次のターンドローした後にマリニャンからのレッドゥルでラス盾をブレイク。返しにお相手さんがリバイブホールから勝利のガイアールを出し、殴る際にプチョヘンザにチェンジし自分の場が壊滅。しかしハンドにカブラカターブラを握っていたため、カブラを出し、マナに送られたマリニャンを回収からの出した後に効果でレッドゥルを出しそのままダイレクトで勝ち、

 

・2回戦 龍墓地

ループして勝ち

 

・3回戦 熊

駆け抜けられて負け

 

・4回戦 ドロマー

ループして勝ち

 

・5回戦 モルネク

ループして勝ち

 

・6回戦 モルネク

駆け抜けられて負け

 

・7回戦 ジャスティスループ

お相手さんがまさかの「ループの貴公子」のともさん。全国大会のシャツを着ていて、プレマも全国大会において配布されたもの。この時点で足が震えはじめました。そこでボソッと「勝てないやぁ…(笑)」と言ったらともさんから「勝つために来てるんだろ!」と軽く喝を入れられスイッチが入る。ジャンケンに負け後攻スタート。予想通りデッキはループ系であるジャスティスループ。初対面だったため相手がどんなことをしてくるかわからないため自分の動きに専念することに。1t目にトレマから2t目にステップルジャックの動き。3t目にフィーバーナッツを出す。対してともさんもエマージェンシータイフーンなどを使い自身の動きに専念してくる。4t目、トップでバロンゴーヤマを引いたためそこからループに入って勝ちました。

 

8回戦 赤白バイク

ループして勝ち

 

結果6-2で209位でオポ落ち。

 

3.反省・まとめ

自分の予想通り予選ではモルネクとは2回しかあたらずその他のデッキにはほとんど勝つことができたため、個人的には満足しています。構築面においてはトリガーのエウルブッカの枠を革命の巨石に変えれば良かったと思いました。

 

予選のあとは知り合いたちとサブイベントを回ったりフリーしたりと充実した時間を過ごせました。対戦していただいた皆さん、そして運営の方々本当にありがとうございました!

 

 

 

40 醤油少々

魔理沙「E1編最終弾である[ライジングホープ]が2012年3月24日に発売されたぜ。」

 f:id:ut_tmy_0108285:20170410232806j:image

魔理沙「今回の弾でもっとも注目されたのはなんといってもパックの表紙を飾る 勝利シリーズ だ。」

 f:id:ut_tmy_0108285:20170410232812j:image

霊夢「ガイアールカイザーは 超次元ガードホール や ミカドホール、ムシャホール と組み合わせることでガンヴィートと同じ、もしくはそれ以上の活躍が見込めるわね。」

f:id:ut_tmy_0108285:20170410232818j:image

魔理沙リュウセイカイザーは カモンピッビー、ジオバリバリミランダ とから出せるからそれらと フェアリーギフト を組み合わせることで最速3t目にリュウセイカイザーを出すこと目的としたビートデッキである 赤緑ギフトビート も登場。」

 f:id:ut_tmy_0108285:20170410232857j:image

霊夢「プリンプリンは 超次元ホワイトグリーンホールとの相性が抜群ね。ビックマナデッキには欲しかった組み合わせね。」

 f:id:ut_tmy_0108285:20170410232906j:image

魔理沙「今回の弾では 偽りの名 シャーロック のようなサイキッククリーチャーメタが多数登場し、シャーロックを 獰猛なる大地 や ミラクルとミステリーの扉 で踏み倒すデッキも登場したぜ。」

 

魔理沙「こんな感じで環境の色んなデッキが強化された。しかし依然としてトップメタは ラムダビート ・Nエクス ・紅蓮ゾルゲで、各種コントロールデッキが続いたぜ。」

39 社会のダ〇

魔理沙「2011年12月17日に第3弾[ガイアールビクトリー]が発売されたぜ。今回はこの弾から3枚のカードを紹介するぜ。」

 f:id:ut_tmy_0108285:20170403211621j:image

魔理沙「1枚目は ドンドン吸い込むナウ だ。」

f:id:ut_tmy_0108285:20170403211631j:image

霊夢「このネーミングセンスのNASAはなんなのよ…」

魔理沙「名前はともかく効果は強力で、赤と緑が入るデッキではほぼ必須になるカードになっていくぜ。」

霊夢「まあトリガーで相手のクリーチャーをバウンスしながら次のターンに使えるであろうカードをサーチできるんだから弱いわけないか。」

 

魔理沙「2枚目は 超電磁コスモセブΛ だ。」

 f:id:ut_tmy_0108285:20170403211639j:image

霊夢「今エンペラーマルコが息を引き取ったわ…」

魔理沙南無阿弥陀仏…。」

霊夢「進化元の緩さ、そして自身の効果によるメテオバーン元の調達。ほんとビートにおける理想のドロソね。」

 

魔理沙「3枚目を紹介する前にちょっと寄り道をするぜ。2012年2月11日に[ヒーローズビクトリーパック]が発売されその中にこのようなカードがあったんだぜ。」

 f:id:ut_tmy_0108285:20170403211650j:image

f:id:ut_tmy_0108285:20170403211657j:image

霊夢「バトルに味方ハンターが勝つ度にハンターサイキックを出せる能力か。まあ素直な使い方としてはサイキックリンクを狙って欲しいとかそんなところかしら。」

魔理沙「パッと思い浮かぶならそれくらいだな。あと霊夢こいつを見てくれ。」

 f:id:ut_tmy_0108285:20170403211934j:imagef:id:ut_tmy_0108285:20170403211937j:image

霊夢「なにこのふざけたカード…こいつがどうかしたの?」

魔理沙「こいつはその年のコロコロ1月号の付録としてついてきたカードなんだが、こいつとさっき紹介した鬼龍院刃、さらにこのあと紹介するカードによって恐ろしい即死ループが完成されてしまったんだぜ…」

霊夢「そのカードって?」

 f:id:ut_tmy_0108285:20170403211709j:image

魔理沙「通称社会のダニこと 偽りの名ゾルゲ だ。」

霊夢「強制バトル効果…なるほど。こいつの効果でさっきのカレーパンと何かをバトルさせ、鬼龍院の効果でハンターサイキックを出すと。そうしたらハンターサイキックがバトルゾーンと超次元ゾーンを行き来する。今現在登場時効果で相手を倒せるカードと言えば…」

 f:id:ut_tmy_0108285:20170403212018j:image

魔理沙「こいつかな?」

霊夢「知ってた」

魔理沙「こいつらを組み合わせたループは 紅蓮ゾルゲ と言われ環境で頻繁に見かけるようになるぜ。」

 

魔理沙「さらに3月15日に新たな殿堂ルールが施行され以下のカードがプレミアム殿堂、殿堂カードとなったぜ。」

<プレミアム殿堂カード>

f:id:ut_tmy_0108285:20170403210314j:imagef:id:ut_tmy_0108285:20170403210316j:imagef:id:ut_tmy_0108285:20170403210318j:image

<殿堂カード>

f:id:ut_tmy_0108285:20170403210353j:image

霊夢「これで エンペラーキリコ 系統のデッキと Mロマワンショット は消滅、もしくは弱体化したわけね。」

魔理沙「これにより最初に紹介した 超電磁コスモセブΛ を切り札とした ラムダビート や、そこにエンペラーキリコデッキのギミックを搭載した Nエクス がビートデッキとして環境に登場。他にはコントロールデッキとして [ヒーローズビクトリーパック] で収録されていた パンツァー や 墓守の鐘ベルリン を搭載したドロマー超次元、デュエルヒーローアツト を搭載した 青黒メルゲ墓地進化 が登場した。あとはループデッキとして 紅蓮ゾルゲ も加わり、新たな環境が形成されたぜ。」

f:id:ut_tmy_0108285:20170403211721j:imagef:id:ut_tmy_0108285:20170403211723j:imagef:id:ut_tmy_0108285:20170403211725j:image

 

38 無双竜機

魔理沙「2011年9月23日にE1シリーズ第2弾である[ダークサイド]が発売された。今回め特に注目されたカードを中心に紹介するぜ。」

 f:id:ut_tmy_0108285:20170327234143j:image

魔理沙「まず1枚目は 永遠のリュウセイカイザー だ。」

 f:id:ut_tmy_0108285:20170327234150j:image

霊夢「8マナにしては申し分ないスペックね。そして相手効果に反応するマッドネスクリーチャー。これが流行っちゃうとハンデスを主体とするコントロールデッキは厳しくなるわね。」

魔理沙「これが相手の効果限定なのは、自分の エマージェンシータイフーン などの効果で早出しできてしまってはゲームバランスが崩壊してしまうからなんだろうな。」

 

魔理沙「2枚目は ヴォルグサンダー だ。」

 f:id:ut_tmy_0108285:20170327234159j:image

霊夢「待って、デッキ破壊とか絶対ダメでしょ。これデッキによっては10枚くらい破棄できちゃうじゃない。」

魔理沙「漫画とかでは自分の墓地を肥やす目的で使われていたんだが、リアルでは当然のように相手に対して使われたぜ。そしてこいつと前の弾で登場した ザビミラ を組み合わせた ライブラリアウトデッキ が開発され活躍した。」

 f:id:ut_tmy_0108285:20170327234253j:image

霊夢「場合によっては4体のヴォルグサンダーがでてくるのね、恐ろしいわ。」

 

魔理沙「他には デーモンハンド と ホーリースパーク のリメイクである 地獄門デスゲート、DNAスパーク が登場したんだぜ。」

 f:id:ut_tmy_0108285:20170327234210j:imagef:id:ut_tmy_0108285:20170327234212j:image

 

f:id:ut_tmy_0108285:20170327234219j:imagef:id:ut_tmy_0108285:20170327234221j:image

魔理沙「そして10月22日には [フルホイルパック] が2種類登場。このパックは歴代の強力なクリーチャーをリメイクしたカードが多数収録されたパックだ。」

霊夢「どんなやつが入ってたの?」

 f:id:ut_tmy_0108285:20170327234226j:image

魔理沙「こいつとか」

霊夢「(^q^)」

魔理沙「まあ色んな意味で有名な 無双竜機ボルバルザーク のリメイクなんだが、やっぱり壊れ性能だった。こいつは 星域ドラゴンキリコ 、赤緑青ビート に投入されその強さを発揮。特に サイバーNワールド との組み合わせは鬼のようにつよく、赤と緑が入るデッキほぼ全てに投入されたんだぜ。」

霊夢「人類はあの時からまったく成長してないのね…」

魔理沙「マナがもう一度使えるってのはもう一度自分のターンをやってるのと大差ないからな。ほんとなんでこのカードを作ったのか私は未だに理解できないぜ。」

 

次回「社会のダ〇」

37 新時代到来

魔理沙「2011年6月25日に新シリーズ「ファーストコンタクト」発売された。今回の弾からカードのデザインが一新され、新たな時代の幕開けを彷彿とさせたぜ。」

f:id:ut_tmy_0108285:20170320125400j:image

 f:id:ut_tmy_0108285:20170320125403j:image

霊夢「レアリティにも新たに[Vレア]が追加されて、1箱のパック数も24パックから30パックに増量されたのね。」

魔理沙「そしてこの弾で特に注目された2枚を紹介するぞ。」

 f:id:ut_tmy_0108285:20170320130152j:image

魔理沙「まずは今回の弾のVレアである ガイアールカイザー だ。こいつは 超次元シューティングホール から出すことができ、1コスト軽い GENJIXX として各種ビートデッキに採用されるようになり、この2枚を合わせたギミックを シューティングガイアール と言った。」

霊夢「色的に Mロマノフ を採用しているデッキと相性が良さそうね。」

 f:id:ut_tmy_0108285:20170320130209j:image

魔理沙「次に紹介するのは サイバーNワールド だ。こいつはデッキ回復め手札補充を同時に行うことができ、さらに相手にもこの効果が及ぶため墓地を利用するデッキからしたら天敵だったぜ。」

霊夢「採用されるデッキとしては 星域ドラゴンキリコ などのビマナ系統かしらね。ビマナはマナ加速してて手札がきれやすいからこのカードは活気的ね。」

 

魔理沙「こうして環境には シューティングガイアール を採用した各種ビート、スタートダッシュバスター や 無頼勇気タイガ を獲得した赤緑速攻、星域ドラゴンキリコ などのビマナ系統が現れた。」

f:id:ut_tmy_0108285:20170320130928j:imagef:id:ut_tmy_0108285:20170320130931j:imagef:id:ut_tmy_0108285:20170320130933j:image

霊夢「スタートダッシュバスター と 無頼勇気タイガ は4月26日に発売された[スタートダッシュデッキ 火&自然編]に収録されていたカードね。このデッキはポレゴンやブレイズクローも入っていてかなり完成度の高い速攻デッキに見えるわ。」

 

霊夢「そういえば珍しくコントロールデッキがいないわね。やっぱり前回の殿堂施行が向かい風だったのかしら」

魔理沙「おっと忘れたぜ。前回の殿堂施行で弱体化を喰らった 超次元コントロール だが、今回の弾で アクアン のリメイクである コアクアンのおつかい や、解体人形ジェニー のリメイクである 特攻人形ジェニー が登場したことにより、また環境に現れたんだった。」

 f:id:ut_tmy_0108285:20170320130400j:imagef:id:ut_tmy_0108285:20170320130419j:image

霊夢「そういえば今回の弾は過去のカードのリメイクが目立つわね。地獄スクラッパー のリメイクである スーパー炎獄スクラッパー、フェアリーライフ のリメイクである 霞み妖精ジャスミン 、二つ牙 のリメイクである スーパー大番長四つ牙 とか。」

f:id:ut_tmy_0108285:20170320130507j:image f:id:ut_tmy_0108285:20170320130429j:imagef:id:ut_tmy_0108285:20170320130435j:image

魔理沙「こうして環境上には様々なデッキが入り交じり、何が一番強いは断言できないおもしろい環境となったんだぜ。」

番外編 ジャックメタリカループ(仮)

先日公開されたコロコロチャンネルの動画内でデッドマンが使っていたジャックメタリカループの改良型を考えついたのでデッキレシピと各カードの解説を載せておきます

 

ベイBジャック 3
トレマ 4
未来設計図 2
トゥリオ 4
マリニャン4
アムベル 2
バーナイン 4
クリスタ 4
フェイオン 3
ソルハバキ3
ジークキャバリエ2
タテブエ2
イカヅチ 3

 

[ループ方法}

盤面にジャックがある状態でイカヅチを出すと

 

イカヅチの効果で盤面のタップしているクリーチャーをアンタップ

ジャックの効果で盤面のクリーチャーでマナを払い、手札からクリーチャーを召喚。

イカヅチの効果でアンタップ。

 

これで手札があるかぎりクリーチャーを出し続けることができます。

しかし手札も無限ではありません。そこで活躍するカードがこちらの 龍装者バーナイン 。

f:id:ut_tmy_0108285:20170313123337j:image

こいつの効果で自身、もしくは自分のメタリカが出る度に1枚引くことができます。

ミストリエスでない理由はコストが4という面、自身がでた時にも引けるという面です。

 

[フィニッシュ方法]

上記のクリーチャー増殖ループで盤面にクリーチャーを9体揃えます。その後それらを元にタテブエヤッホーを召喚。

f:id:ut_tmy_0108285:20170313124205j:image

そしてタテブエヤッホーの上にジークキャバリエを重ね、メテオバーンでエクストラウィンをします。

f:id:ut_tmy_0108285:20170313124242j:image

 

[デッキ解説]

ベイBジャック 3

…ループパーツ。2t目までに出しておきたい

 

トレマ 4 未来設計図 2

…サーチ枠。トレマの方が枚数が多いのは2t目までにジャックを引きたいため

 

トゥリオ 4

…サーチ枠。ジャックがあれば4t目にマリニャンを着地させられます

 

マリニャン 4 クリスタ 4

…軽減枠。こいつらで合わせて3軽減用意しましょう

f:id:ut_tmy_0108285:20170313124904j:image

 

バーナイン 4

…ドローエンジン

 

フェイウォン 3

…こいつ自身の効果とバーナインを合わせることで2枚ドローが可能に

f:id:ut_tmy_0108285:20170313125027j:image

 

アムベル 2

メタリカ枠+妨害札。今後4コスト以下のクリーチャーメタリカトリガーが判明した場合そちらに変えます

f:id:ut_tmy_0108285:20170313125201j:image

 

ソルハバキ 3

…イカヅチの進化元

 

イカヅチ 3

…ループパーツ

 

タテブエヤッホー 2

…フィニッシュパーツ

 

ジークキャバリエ 2

…フィニッシュパーツ

 

[最速ルート]

1.2t目までにジャックを召喚

トゥリオ召喚

トゥリオと4マナをタップしマリニャンを召喚、ブッカを建設

ブッカ龍解。クリスタ召喚し3軽減を揃える。

 

ここからバーナインやフェイウォンを使いソルハバキとイカヅチをデッキから回収し、あとは上記のイカヅチループに入り、タテブエキャバリエでフィニッシュします。

 

[構築について]

本来はステップルを使用し、最速4tキルを目指しましたがハンドの枯渇や、要求地の高さからトゥリオルートに変更しました。

今後発表されるメタリカによって強化されるデッキなのでこれからも研究を続けようと思います。疑問点や改良案があればTwitterに連絡してくだされば対応いたします。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました

 

 

 

番外編 第二回武州CSレポ

3月12日に市民会館大宮で開催された武州CSに参加してきたので使用したデッキの解説と、対戦の結果を書いていきたいと思います

f:id:ut_tmy_0108285:20170312193647j:image

使用デッキ 猿ループ(ジョリー型)

 

トレジャーマップ 2 未来設計図 4 ジャーベル 3

…サーチ群。トレジャーマップより設計図を優先したのはトリガーからシノビを回収できる場合があるためです。

 

オチャッピィ 3 ナムダエッド 2

…マリニャンに繋ぐカード。オチャはトレマ、設計図を使えなかった場合、ただのバニラと化すため安定して5マナ域に繋げられるダエッドを少し採用しました。

 

カブラカターブラ 2

…マナ回収、ループパーツ。

 

逆転のオーロラ

…盾落ちケア。成長目ギョウをループさせることもできるが、試合時間やループの長期化によるこちらのミスがでる可能性を考え、1回ですべて回収できるこちらを採用しました

 

マリニャン 4 フィーバーナッツ 3

…軽減要員。ループするためには3軽減が必要なためこのカード達は必須。基本はレジル+ナッツで3軽減揃えますがマリニャンが引けない場合はバロンゴーヤマを酷使して気合いでナッツを3体揃えます

 

ベイBジャック 3

…ループパーツ。基本的にはループができると確信したターンに出します。しかし1、2t目に出すことで次に出す3コスクリーチャーが擬似的なマナになるため4t目にマリニャンを出すことが可能になります。

 

サンマッド 3枚

…ループパーツ、除去札、ビートどれもこなせる意味わからないカード。猿よりもこいつを殿堂にすべき

 

アラゴトムスビ 3

…ループパーツ。cipを使い回したい時にとても便利なカード。マナ爆誕がホントに強い。こいつをい使いこなすことでループの成功率がグッと上がります

 

バロンゴーヤマ 3

…万能札。マナにパーツを揃えるだけでなく、野菜をマナからただ出しする効果でトリッキーな動きができる。基本こいつとジャックが手札にあってマナにアラゴト、盤面にブッカがあればループにいけます。

 

ゴエモンキー 

…ループパーツ。1枚でも充分回る

 

ジョリーザジョニーjoe

…フィニッシュパーツ

 

《ループの仕方》

1.無限マナブースト

条件…3軽減、ジャック有、盤面・手札にそれぞれアラゴトが1枚ずつ

 

アラゴトAをタップしアラゴトBを召喚

アラゴトBのMTでアラゴトAを回収しマナ加速

アラゴトBをタップしアラゴトAを召喚

アラゴトAのMTでアラゴトBを回収しマナ加速

一番上に戻る

 

2.無限除去ループ

条件…3軽減、ジャック有、手札に猿、マナにサンマッド3枚(A.B.C)+カブラ2枚(A.B)

 

猿を召喚

カブラAを召喚(効果は使わない)

カブラAをサンマッドAに進化させ、効果で猿をマナへ

サンマッドAをサンマッドBに進化させ、相手のクリーチャーをマナへ

サンマッドBをサンマッドCに進化させ、自身をマナへ

カブラBを召喚し、効果で猿を回収

場のカブラBをタップし、猿を召喚

3番目に戻る

 

{フィニッシュ方法}

無限ブーストループでマナを増やし、無限ループで相手のクリーチャーを全てマナへ送ったら、猿の効果で召喚可能になったジョリーをマナから召喚し勝ち。

 

 

わからないことがTwitterで聞いてください。これよりも効率のいい方法があったらすいません

次はCSの結果です

 

1回戦 ジャックループ 〇 ループして勝ち

2回戦 緑単べアフガン × 駆け抜けられた

3回戦 デアリ廃車 × 廃車による盤面除去、エンテイの妨害

4回戦 5cバスター 〇 ループして勝ち

5回戦 デアリモルネク 〇 ループして勝ち

6回戦 成長バスター × 駆け抜けられた

結果 70位 予選落ち

 

このデッキの一番の天敵と言っていい速攻系統に当たったこと、一番練習していたロージア、サザンと1度も当たらなかったことが辛かったです。

 

このデッキの強みはほとんど5t目にループに入り、ジョリーによるエクストラウィンができる点です。今回勝った試合は全て5t目でループすることで勝っています。今回自分はあまり良い結果を残すことができませんでしたが、このデッキ自体のポテンシャルはとても高いです。是非とも組んで使いこなしてみてください。

 

最後に対戦してくれた方、運営の皆さんありがとうございました。